TOPICS

お役立ち情報

耐震・免震・制震について②

 

こんにちは! 注文住宅の相談窓口和歌山店の吉川です!

本日の「お役立ち情報」ですが、前回に引き続き、住宅の施工方法で重要な部分となる耐震・免震・制震のうち、免震についてお話します!

 

<前の耐震とどう違うの?

OK! それをこれから解説していくからね!

 

免震とは?

 

免震とは、地震の揺れが建物へ直に伝わりにくくする、建物と地盤を切り離した施工方法です。

建物と基礎の間に特殊な免震装置を設けることで、

地震の力を受け流して建物の揺れを少なくします。

 

つまり、『揺れを伝えない』施工方法となります。

 

免震装置は、揺れを吸収するダンパーや、

建物を支えるゴム状のアイソレータなどによって構成されています。

大きな特徴は、耐震や制震と比較して、大きな地震が発生しても建物は揺れにくいことです。

免震装置が地震の揺れを吸収してくれるため、建物を倒壊しにくくします。

 

どんなメリットがあるの?

 

① 地震の揺れを小さくできる

 

耐震や制震と比較して地震による揺れが小さいことは、免震の最大のメリットです。

前述のとおり、建物と地盤が切り離されているため、

地震が発生しても建物が大きく揺れることはありません。

 

② 家具の転倒を抑えられる

 

地震が発生すると、家具の転倒などによりケガをする可能性もあります。

免震の場合は、建物の揺れを小さくできるため、家具の転倒や移動、物の落下なども起こりにくくなります。

 

③ 建物内部が損傷しにくい

 

地震が発生すると、壁の内部や部材の接合部などが損傷してしまう場合もあります。

免震の建物であれば、通常は目に見えない部分も損傷しにくくなるため、大切なお住まいをしっかりと守れるでしょう。

 

 

どんなデメリットがあるの?

 

① 横揺れの地震以外には効果を発揮しにくい

 

免震は横揺れの地震には大きな効果を発揮しますが、縦揺れの地震には効果を発揮しません。

また台風などの強風には効果が少ないと言われています。

 

② コストが高くなりやすい

 

免震は耐震や制震に比べ、コストが高く、施工できるハウスメーカーも限られています。

また定期的な点検と、メンテナンスや交換が必要となり、それらのコストもかかります。

 

③ 歴史が浅い

 

実は、耐震や制震に比べて、免震の工法の歴史はまだ浅いのです。

免震装置に使用されているゴムの耐用年数は60〜80年といわれていますが、

免震の建物がそれほど古くなっていないため、完全に実証されているわけではありません。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!

注文住宅の相談窓口和歌山店ではお客様のご要望をお伺いし、注文住宅の選び方を相談させていただいおります。

お客様から費用は一切いただきません。

住宅選び、土地選び、ローン相談等すべて無料でお受けいたします!

是非、ご予約の上ご来店下さい!

ご予約、お問い合わせは下記URLからお願いします!!

 

 

 

↓ ↓ ↓ ご予約フォーム ↓ ↓ ↓

https://soudan-wakayama.com/reserve/

一覧に戻る

CONTACT

お問い合わせ

和歌山市で注文住宅のことならお気軽にお問合せください。